こひにく堂書店

90℃で淹れたコーヒーが美味しくて。

ぐはっ!FLEA使用のパッチケーブルはmogamiケーブルのようです。

      2018/01/01

FLEA使用のパッチケーブルはmogamiケーブルだ!

↑こちらの動画の5:34から流れるエフェクター紹介の場面。

5:53の時にはっきりと映し出されています!

ぐはっ!FLEA使用のパッチケーブルはmogamiケーブルのようです。

photo:Rig Rundown – Red Hot Chili Peppers’ Flea

↓分かりにくいですが、アップするとこんな感じ
FLEAのパッチケーブルをアップした画像

完全にmogamiケーブルです!
付け加えるならジャックはスイッチクラフトのアングルタイプですね。

そもそもFLEAって、モンスターケーブルとエンドース契約していたのではなかったでしたっけ??

そして気になるmogamiケーブルの型番は、、
FLEAのパッチケーブルをアップした画像

おお、、2524か2534(一般的にはマイクケーブルに用いられる)です。。

動画内の5:53〜54辺りで中央よりちょい右上辺りを見ると分かります。
※スクショでは限界があるので気になる方はぜひチェックしてみてください。

※追記 2534だと印刷表記が違うようなので2524で間違いないでしょう。

”MOGAMI2524”でサウンドハウス検索

”SWITCHCRAFT”でサウンドハウス検索

そもそもこのMOGAMIケーブル、ベルデン・カナレ・モンスターなどと比較すると知名度的には一歩引けをとるメーカーといえるでしょうが、現場で活躍する方々の口コミをみると必ずと言っていいほど話題に上がるケーブルメーカーなんです。

僕もちょうど手持ちで2524を持っていてパッチケーブルでつかっていましたが
FLEAのパッチケーブルをアップした画像

その特徴は、、よくわかりませんw
それでも、特に不便を感じていませんし、ギターからエフェクターまでの長いコードをジョージエルスやモンスターに変えることで音の違いがしっかり確認できるので、このMOGAMIケーブルというのは影の功労者的存在といえるでしょうか。

また、以前ネット上でベース用のケーブルを探している際に

  • 「MOGAMIの3368は、ベーシストなら試すべき!」

との口コミがあり、印象に残っています。

これまでコスパで選ぶならカナレ!と考えていた方もMOGAMIケーブルは試して見るべきでしょう(^^)

 - 楽器・機材 ,