こひにく堂書店

90℃で淹れたコーヒーが美味しくて。

LAMY(ラミー)Safari(サファリ)の黄色の万年筆(細字)買ってみた!!外箱から漂う高級感が癖になりそうです。

      2017/06/13

LAMY(ラミー)Safari(サファリ)の黄色の万年筆

ラミーサファリ万年筆

photo:amazon

文房具に興味を持つとちょくちょく目にするラミーの筆記用具。
海外特有のヴィヴィッドな色合いや形状が文房具の堅苦しいイメージを和らげてくれますね。
アニメの中でも使われるなどしているため、その筋の方々には大変人気の商品となっているようです。

「ちょっと万年筆を試してみたいな。。」と思い模索していく中で

  • 価格が手頃
  • 使いやすい
  • おしゃれ

などなど、口コミやレビューサイトでも評価上々となっていたのでゲットしてみました。

外箱からしてオシャレ感の漂う商品となっています。

↓↓↓こちらから
”ラミー サファリ 万年筆”でアマゾン検索

※上記製品リンクURLはAmazonアソシエイトのリンクを使用しています。

LAMY(ラミー)Safari(サファリ)の黄色の万年筆(細字)はこんな感じです。

今回は画像多めでお送りいたします。

アミアミなパッケージがオシャレですね♪
ラミーサファリ万年筆

メイドインジャーマニーですね。文房具の世界でもドイツ製は評価高いですね。
ラミーサファリ万年筆

こんな感じで見えちゃいます。
ラミーサファリ万年筆

LAMY。ネーミングの由来は創業者カール・ヨーゼフ・ラミーからきているようです。
ラミーサファリ万年筆

パカッと開けるとこんな感じです。
ラミーサファリ万年筆

真ん中の茶色いのも何か風情を感じますね。
ドイツの風ってやつでしょうか。
ラミーサファリ万年筆

今回購入したのはFの細字タイプです。
ラミーサファリ万年筆

裏側はこのようになっていますねこのクリップがまた無駄に大きくて良さげですね。
ラミーサファリ万年筆

もし創始者の名前が『ダンケシェ』とかだったらここにデカデカと記されるのでしょうね。
ラミーサファリ万年筆

いやー、いいですね。
ニューヨーク近代美術館って感じがしますね。
ラミーサファリ万年筆

てっぺんは黒くなっていて、+のマークが記されています。
ラミーサファリ万年筆

使う際にこの茶色いのを外しましょう。ということですね。
ラミーサファリ万年筆

ペン先はこんな感じです。いかがでしょうか。先端が丸くなっているので書きやすいですよね。
ラミーサファリ万年筆

ピッカーン。ラミーと書かれていますね。
ラミーサファリ万年筆

↓↓↓こちらから
”ラミー サファリ 万年筆”でアマゾン検索

※上記製品リンクURLはAmazonアソシエイトのリンクを使用しています。

ラミーの万年筆を使ってみて思ったこと

ラミーサファリ万年筆

通販サイトにて購入しましたが事前に東急ハンズで試し書きした際に、書き心地の良さは実感していました。ペン先を交換し、書くたびにインクをつけるタイプの漫画家さんが使うようなペンを使うこともあるのですが、それとは比較にならないくらいなめらかに書けるし、便利ですね。ただし、微妙なニュアンスなどを追及するとペン先を交換するタイプのペンに軍配があがるでしょうか。

それでもこのデザイン性や、利便性、そして書き味を体感すると『人気のある商品』であることを実感できます。

ボールペンとも違うこの感覚、興味のある方はぜひ試してみてください。

ラミー万年筆の口コミ・レビュー

口コミ1 万年筆初心者向けの製品

投稿者:san-GI7
評価:

ラミーサファリは値段も手ごろで、万年筆初心者向けに握りの部分が三角形になっていたりする。
インクカートリッジはもちろん、コンバータも使用できる。
当レビューのサファリはFだが、ペン先の太さは、M、F、EFと3種類から選ぶことが出来る。
ちなみにラミーアルスターはサファリをそのままアルミボディにしたもの。

口コミ2 日常的につかう文房具として愛用しています。

投稿者:Toshiyuki Ishihara
評価:

 文房具を無くすことが多いので、ビビッドな黄色のLAMYは目立っていいです。普段、アイディアや構想を纏めたりするのに、日常的に使っています。毎日使う道具として、手放すことが出来ず、満足しています。万年筆は、筆圧やペンの傾け具合によって、文字曲線の太さが変わるので、感性が刺激されます。日常的な道具として、もっと気軽に使いたい道具です。
 日常的な万年筆として、他商品としてPilot Vpenも面白い商品なのですが、使い切りなこと、安っぽいため、LAMYに切り替えました。この商品の質感ですが、ペン軸がプラスチックのため、インク補充時に安っぽさを感じます。アルミ製の製品も手頃な価格帯なので、そちらの製品も試してみたいです。

口コミ3 大変綺麗な「可愛い色」のペン軸です

投稿者:きのこメンテーター
評価:

ターコイズ・ブルーのカートリッジを入れて使っています(現在3本目)。
ペン先が乾いて、かすれたりすることなく、書き味は非常に順調です(書き始めからもかすれたりしません)。
ペン先は F ですが、使用中の Sailor 万年筆(F)と比べると、LAMY の方が少々太めの文字が書けます。
高級(高額?)万年筆と比べると、「おもちゃ」のような万年筆ですが、書き味が好いこととペン軸のなんともいえない和ませてくれるような黄色に、大変満足しています。

口コミ4 書き味・重さもOKです!

投稿者:なかちゃん
評価:

これは流石、というべきでしょう。人気の理由が、今回初めて使用して実感しました。書き味も良いです。

口コミ5 不思議な書き味

投稿者:pink_diamond
評価:

ペン先の感触は硬いが、ヌラヌラかける不思議な感触。
しかし、しばらく使ってみて、飽きた。
日本製万年筆の味わいがないので、まあ普通の筆記用具と思って使うか
デスクに転がしておいて、自由気ままに気兼ねなく使うようなペンかな。

↓↓↓こちらから
”ラミー サファリ 万年筆”でアマゾン検索

※上記製品リンクURLはAmazonアソシエイトのリンクを使用しています。

ラミーサファリを購入するにあたっての注意点

ラミーサファリ
一般的な万年筆と比較しても太字になると言われてますね。

  • EF:極細字
  • F:細字
  • M:中字

今回購入したのがFで細字なのですが、ちょっと太めに感じます。ボールペンでいうところの0.7くらいに相当するのではないでしょうか。

もし、どれにするか迷われている方はできれば一度試し書きをしてみて決めた方がいいように思います。

メジャーすぎて何も目新しさのないラミーサファリ万年筆のレポートでした。

↓↓↓
”ラミー サファリ 万年筆”でアマゾン検索

※上記製品リンクURLはAmazonアソシエイトのリンクを使用しています。

 - 文房具 , , , ,