こひにく堂書店

90℃で淹れたコーヒーが美味しくて。

CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYを入手!かっこいいね!こりゃいいね!

      2016/05/17

CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYを入手!

このバックパックを購入しました。あえてダークな黒を選びました。

CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYを入手!かっこいいね!こりゃいいね!

photo:amazon

この黒と赤な色使い、最初はあまり好きじゃなかったんですが、だんだん好きになっていってます。。なんだろう。。

CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYを入手!かっこいいね!こりゃいいね!

photo:amazon

背負うとこんな感じのようですね。
まあ、いいのではないでしょうか。

CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYを入手!かっこいいね!こりゃいいね!

photo:amazon

”CHROME バック”でアマゾン検索

CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYはこんな感じ♪

今回はアマゾンで購入。アマゾンのダンボールにこの状態で入っていました。
以前東急ハンズで見た時に「これいいなぁ。。でも、ちょっと高いしなぁ。。用途も選ぶかなぁ。。」などと断念し、コートエシエルのものや様々なものを見ていく中で結局こちらの商品に決めたのでした。
CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYを入手!かっこいいね!こりゃいいね!

ひっくり返すとこんな感じです。
バッグって、中身が入ってないとペラペラですね。。
CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYを入手!かっこいいね!こりゃいいね!

出してみました。うーん、ペラペラですね。
CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYを入手!かっこいいね!こりゃいいね!

ひっくり返すとこんな感じ。
やはりペラペラです。
でも、やはり何か違う気もします。
CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYを入手!かっこいいね!こりゃいいね!

反射強めですが、フロントの留め具はこんな感じ。
CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYを入手!かっこいいね!こりゃいいね!

フロント両脇の肩ベルト調整の金具はブリキのような質感です。
これがまたおしゃれですね。
CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYを入手!かっこいいね!こりゃいいね!

アメリカンメイドですね。
アメリカ製は丈夫な印象が強いので多少高額でも買ってしまいますね。
CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYを入手!かっこいいね!こりゃいいね!

シートベルトのような質感です。丈夫な感じがします。
CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYを入手!かっこいいね!こりゃいいね!

15インチまでのMacBook Proも入るということですね。この仕切りの中に入るのでしょう。
CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYを入手!かっこいいね!こりゃいいね!

duraflex製のバックルです。
無知な僕は「nifco製じゃないのかよ。。」と思いましたがこのduraflexというメーカーもその筋では有名かつ信頼の置けるブランドのようですね。
CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYを入手!かっこいいね!こりゃいいね!

フロントバックルを抜いたところです。
オス側にもクロームのロゴが!ニクイ演出ですね。
CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYを入手!かっこいいね!こりゃいいね!

こんな紙が付属していました。ふむふむ。メイドインChicoだそうです。
ちなみにChicoとはアメリカ合衆国カリフォルニア州ビュート郡で最も人口の多い都市とのこと。
CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYを入手!かっこいいね!こりゃいいね!

ちょっと見づらいですね。。
細かい説明が英語で記されています。
なるほどね。
CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYを入手!かっこいいね!こりゃいいね!

裏面です。
なるほど。そうでしたか。
CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYを入手!かっこいいね!こりゃいいね!

”CHROME バック”でアマゾン検索

CHROME(クローム)がかっこいい!

そもそもなぜクロームの製品に目をつけたのかというと、数年前にモードオフでこちらのポーチを500円で購入したことから始まります。
CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYを入手!かっこいいね!こりゃいいね!

CHROME(クローム)BARRAGE HT WAXED POLYを入手!かっこいいね!こりゃいいね!

アメリカ製のポーチが500円ということで何気なく購入し通帳などをしまっていました。
そして使っていく中で感じたのが『作りは雑だがとにかく質がいい』ってこと。

最初は「ちょっと妙なロゴだし、無駄に硬いなぁ。。」などと思っていたのですが、全くヘタレないんです。
こういう商品は数ヶ月程度使い続けることで真価を発揮するなぁ。

などと感心しながら調べていくと、このように立ち上げられたブランドとのこと

CHROME(クローム)の歴史
比類もなき強靭さを持ちながら、自転車に乗っていない時でも使えるバッグを作る為に、今から約20年前にJUKIのミシンと少量のコーデュラ、ミリタリーグレードのトラックタープを使い、最初のCHROMEバッグが製作された。シンプルかつ実用性を追い求めた結果、CHROMEはメッセンジャーバッグに、再利用したシートベルトバックルを採用するという答えに辿り着いた。革新的なクイックリリースバックル、サブストラップ、デュアルウォール構造、ファイブバーウェビングなどを搭載し、世界中のメッセンジャーに愛用されるプロダクトへと成長。ブランド誕生から20年が経過したが、プロのメッセンジャーやピストバイクでトリックを楽しむアーバンアスリート、自転車で通勤するクリエイティブな都市生活者のために、便利で耐久性のあるプロダクトを作るという決意に迷いは一切存在しない。CHROMEが製作したバッグやフットウェア、そしてアパレルは実際のストリートで製品使用テストがなされ、どのプロダクトも都市の変わり易く、予測不可能な状況に適応する仕上がりである。CHROMEが重きを置くのはファッションではない、CHROMEは機動する道具だ。だからこそミリタリースペックの素材を使い、自転車に乗っていない時でも使えるシン プルかつ機能的なプロダクトを製作。都市生活に適応する感度の高いデザインと大切な荷物を守るための耐久性を兼ね備えたツールをCHROMEはこれからも作り続ける。そう、都市を生きる為の道具を。

とにかく丈夫なアメリカンって感じですね。
誰かから聞いた話だと、「素材にこだわりいいものを寄せ集めて作っている商品」と話していました。
ただそれでも最近は中国製のものもラインナップされ始めています。
アメリカ製と比較すると多少安価ではありますが、生地が貧弱に感じました。。

もしクローム製品を物色するならその辺も注意して見てみてください。

日本ではまだまだ有名ではないこちらのブランドの商品、気になる方は見てみてはいかがでしょうか。

>>>クロームの公式サイトはこちらから

”CHROME バック”でアマゾン検索

実はショルダーバッグもポチってます。。

 - ファッション , , ,