写真撮影

【マクロ撮影 その1】1円玉をマクロ撮影する 〜この1円玉、俺より年上じゃねぇかよ〜

2021年3月22日

1円玉をマクロ撮影するよ!

【マクロ撮影 その1】1円玉をマクロ撮影する

まずはエッジから。
昭和46年製(1971年製)ということですので、御年50歳ということですね。

【マクロ撮影 その1】1円玉をマクロ撮影する

この傷にも様々な記憶や思い出があるのでしょうね。

【マクロ撮影 その1】1円玉をマクロ撮影する

まだまだ角が立っています。

【マクロ撮影 その1】1円玉をマクロ撮影する

1円玉をこんなにもじっくり見ることってなくないですか?

【マクロ撮影 その1】1円玉をマクロ撮影する

”1”やぁ〜♪

【マクロ撮影 その1】1円玉をマクロ撮影する

さらに一部分をアップにしてみました。

【マクロ撮影 その1】1円玉をマクロ撮影する

1円玉の♪旅〜ですね。

【マクロ撮影 その1】1円玉をマクロ撮影する

う〜ん♪威厳♪

【マクロ撮影 その1】1円玉をマクロ撮影する

日本で一番安価な硬貨が放つ威厳です♪

【マクロ撮影 その1】1円玉をマクロ撮影する

この”木”気になったので調べてみたところ、
”通称「若木」と言われていて特定の木が存在しないわけです。”
との説明が見られました。

まとめ 1円玉から見るアルミの劣化具合。

【マクロ撮影 その1】1円玉をマクロ撮影する

千円札などと比較するとマクロ撮影したところで感動が薄めな硬貨だが、製造年から見た素材の劣化具合などを見ていくとなかなかに感慨深いものを感じました。

また、”そもそもアルミってそんなに耐久性あるものなのか?”とも思いましたが、現にこのように今も現役で使われている事実がありますからね。

それでも、今後は便利なキャッシュレス決済がさらに普及していくでしょうから、今の時代の1円玉をじっくり見れる機会も減ってくるのかもしれませんね。

今回の撮影で使用した機材

使用機材
現像ソフト
  • Adobe Lightroom Classic

叱咤激励コメントお待ちしております。

-写真撮影
-, , ,

© 2021 こひにく堂書店 Powered by AFFINGER5