お札を拡大してみるとかなり面白い!ニコン(Nikon) 宝石鑑定用ルーペ 10Xで観る世界

スポンサーリンク

お札を拡大して見てみた!

ちょっと良さげな宝石鑑定用ルーペを購入したので色々と見ていたところ

  • 「拡大鏡買ったらお札を見たらいい!1時間は没頭できる!」
  • 「お札とか10円とかはすごい細かい作りで見てて面白い!」

との声が多かったので実際に見てアイフォン6sで撮影してみました。

確かにすごいです。。

お札を拡大してみるとこんな感じなのだ!

※使用機材

  • ニコン(Nikon) 宝石鑑定用ルーペ 10X
  • アイフォン6s

ポコポコとしたインクとノッペリとしたインクがみられますね。
そして、ところどころに『NIPPONGINKO』の文字が!
『ニッポンギンコ』。。。『ウ』はないんですね。
お札を拡大してみるとかなり面白い!ニコン(Nikon) 宝石鑑定用ルーペ 10Xで観る世界

これもすごいです。。
お札を拡大してみるとかなり面白い!ニコン(Nikon) 宝石鑑定用ルーペ 10Xで観る世界

これがどこなのかわかりますか?
ぜひ探して見てくださいね。
こうしてみるとなかなかに日本的な配色がなされているんですね。
お札を拡大してみるとかなり面白い!ニコン(Nikon) 宝石鑑定用ルーペ 10Xで観る世界

モッコリとしたインクがまた。。
お札を拡大してみるとかなり面白い!ニコン(Nikon) 宝石鑑定用ルーペ 10Xで観る世界

幾重にも線が折り重なって『千』の文字が作られているのでしょうか。
お札を拡大してみるとかなり面白い!ニコン(Nikon) 宝石鑑定用ルーペ 10Xで観る世界

この質感です。やはりすごい。。
お札を拡大してみるとかなり面白い!ニコン(Nikon) 宝石鑑定用ルーペ 10Xで観る世界

この中に『ニ』・『ホ』・『ン』の文字が隠されています。
※ヒントは桜の雄しべです。
お札を拡大してみるとかなり面白い!ニコン(Nikon) 宝石鑑定用ルーペ 10Xで観る世界

猟奇的な芸の細かさですね。。
お札を拡大してみるとかなり面白い!ニコン(Nikon) 宝石鑑定用ルーペ 10Xで観る世界

この模様が何を表しているのか。。
そして、気が狂いそうなほどに1000の文字が!!
お札を拡大してみるとかなり面白い!ニコン(Nikon) 宝石鑑定用ルーペ 10Xで観る世界

和紙の質感を感じ取れるでしょうか。
お札を拡大してみるとかなり面白い!ニコン(Nikon) 宝石鑑定用ルーペ 10Xで観る世界

よく見るこのマークは何なのでしょうか。
お札を拡大してみるとかなり面白い!ニコン(Nikon) 宝石鑑定用ルーペ 10Xで観る世界

外国の紙幣と比較しても耐久性や質感が異常に高いと言われる日本の紙幣。
お札を拡大してみるとかなり面白い!ニコン(Nikon) 宝石鑑定用ルーペ 10Xで観る世界

10円玉はこんな感じです。
屋根の上の鳥にオスメスがあるらしいですね。
お札を拡大してみるとかなり面白い!ニコン(Nikon) 宝石鑑定用ルーペ 10Xで観る世界

何気なく使っているお金。
それでもこんなに緻密なんですね。。
お札を拡大してみるとかなり面白い!ニコン(Nikon) 宝石鑑定用ルーペ 10Xで観る世界

よく見ると真ん中にリボンがあしらってあるんですね。
お堅い日本にしては『はいから』なデザインなのではないでしょうか。
お札を拡大してみるとかなり面白い!ニコン(Nikon) 宝石鑑定用ルーペ 10Xで観る世界

うーん。じっくり見るとやはり面白いですね。
お札を拡大してみるとかなり面白い!ニコン(Nikon) 宝石鑑定用ルーペ 10Xで観る世界

マクロな世界は面白い!

一昔前とは違い、スマホに高画質なデジタルカメラが搭載されたことにより、ちょっと良さげな拡大鏡があればこのようにズームアップした写真も撮れてしまう時代になりました。

普段何気なく使っているお札の緻密さにはかなり驚きます。

気になる方はぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。

今回使ったルーペ

お札を拡大してみるとかなり面白い!ニコン(Nikon) 宝石鑑定用ルーペ 10Xで観る世界

”Nikon 宝石鑑定用ルーペ 10X NEW (日本製)”のアマゾンリンク

もっと安価な商品もありますが

  • ニコン製
  • 日本製
  • ガラスレンズ
  • プロ鑑定士にも愛用者多数

趣味でお札を見るだけならオーバースペックですが、その分応用力は高いかと思います。

作りもしっかりしているため満足度も高いです。

時計のディティールを詳細に見たい方などにもおすすめできる一品です。

※上記製品リンクURLはAmazonアソシエイトのリンクを使用しています。

コメント

  1. 炎嵐 より:

    こんにちは。私は、ルーペの方はツァイスのを半年ほど前に購入しました。
    (私的には初めてのツァイス製品です)
    同じようにお札をまず見たのですが、面白いですよね。インクが立体的に見えますので。自分の指紋や皮膚とかも見ました。
    あと一つ目みたいなマークは、『日』の文字をデザインしたもので、日本銀行の行章です。
    日立製作所の昔のマークや、日本石油のコウモリマークも同様で日をデザインしています。日本石油のそれは、若い人はご存じないと思いますけど(笑)

    • any より:

      コメントありがとうございます。

      ツァイスのルーペ、僕はニコンのものを購入してから見つけて少々悔しい思いをしました^^;

      お札は面白いですね!
      『日』のマークということで、もやもやが晴れました!
      ずっとどこかで見たことあるんだよなぁ。。と思っていましたもので。

      またコメントいただけましたなら幸いです。

  2. ばんずわい より:

    わっひゃー!!!
    ほしい!!!
    ただ、ツァイスは気になるなー。

    • こひにく より:

      コメント感謝いたします。

      僕はスワロが気になりますよ!
      ふふふ。

      またのコメントお待ちしております。

  3. ばんずわい より:

    桜のニホン、帆が無塚志位ですねえ。
    あ、誤字↑

    • こひにく より:

      コメント感謝いたします。

      それぞれに意味があるようですね(^^)

      またのコメントお待ちしております。

  4. ばんずわい より:

    マクロレンズ×トリミングとの比較もしていただきたい、なあと。

    ちがうものですかね?

    • こひにく より:

      コメント感謝いたします。

      トリミングをしても良いのではないでしょうか(^^)
      さらなる深い世界に入り込めますよね♪

      またのコメントお待ちしております。

  5. 佐々木 より:

    こんにちは。
    中央大学法学部3年の佐々木というものです。

    真保裕一の「奪取」という偽札づくりの本を読んで、紙幣の精密さに驚き、紙幣の拡大画像を探しているうちにこちらにたどり着きました。

    画像拝見させていただき、予想以上の精密さで驚きました。(特にNIPPONGINKOの部分が…)

    この驚きを他の方にもぜひ共有したいので、私の書評ブログ(note)に、こちらの
    サイトに掲載されている1000円札の画像を引用として使用させていただいてよろしいでしょうか?
    (もちろん出典元としてこちらのサイトURLも合わせて掲載させていただきます)

    • こひにく より:

      コメント感謝いたします。

      ぜひぜひ引用してくださいませ(^^)
      偽札づくりの本というものまた、面白そうですねぇ。。

      またのコメントお待ちしております。

  6. 佐々木 より:

    早急に返信してくださりありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました