【写真撮影会 その19】しずくも虫もなにかとすごかった! 〜でも、昆虫掲載は少な目に〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク

7月24日 午前〜正午辺りの撮影

使用機材
  • ニコン(Nikon)D850
  • AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
現像ソフト
  • Adobe Lightroom Classic

今回は昆虫少なめですが、たまに出現します。苦手な方も”たまに”なので大丈夫でしょう。

では、

海外のインスタ等でよく見られるような写真ではないでしょうか。
実は日本でもタイミング次第でこんな景色見れるんです。
しずく滴る葉

よーく見ると、葉からはえる毛が支えになっていることがわかります。
丸いしづくの粒がかわいい葉

しずくの粒が妙な形を形成することがあります。
クローバーとしずく

ヨモギハムシのような?ちょっと違うような。。?
ヨモギハムシかな?

自然界で見るしずくは風呂場のしずくとはちがいなにか落ち着きます。
葉に付着するしずく

〜1センチ程度のきのこ。
このキノコにも名前があるのだろうな。
白くて小さいきのこ

小さいカタツムリ。
かわゆい。
カタツムリ

降りたかったのだろうが、距離ありすぎである。
※その後葉の裏側に回り込んでいました。
下を望むカタツムリ

マメコガネかわゆい。
マメコガネ

カメラの理屈わかってくるとこういう写真も撮影出来ますね。
したたろうとするしずく

触った感触がザラザラした葉の場合、しずくが丸いですね。
葉にとどまるしずく

ハバチだとおもうのだが詳細不明です。かわゆい。
葉にとまる虫としずく

蜘蛛の巣に溜まるしずくは裏側から見ると面白かったりしました。
蜘蛛の巣としずく

大きいカタツムリもいました。
かたつむり

星空のように見えるこれ、実は草に付着するしずくなんです。
つよい光を放つしずく

しずくの発光具合は角度によってかわってきますね。
草に滴るしずく

宝石のようですね。
宝物。
蜘蛛の巣に付着するしずく

この辺りで脱皮するのがちょうど良かったようですね。
セミの抜け殻

まとめ 撮影に一人盛り上がり 〜疲れ果て〜

葉にたまる雨粒

この日、4〜5時間程も撮影に勤しんでしまい、疲れ果て翌日の昼過ぎに記事にしているのですが、やはり昆虫を掲載しないとつまらないなと、個人的に思いました(^^)

知れば知るほど面白くなる昆虫。
まるでスルメのようですね。

また、昆虫のような好き嫌いの分かれる事で人とつながるというのが、もう!!楽しいです(^^)

インスタやってます♪

見ていただけましたならうれしいです(^^)

叱咤激励コメントお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました