【写真撮影会 その26】もう真夏かよ 〜光が丘公園の人出はすさまじかった〜

スポンサーリンク

5月5日 昼頃の撮影

使用機材
  • ニコン(Nikon)D850
  • AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
  • LAOWA 25F2.8 2.5-5X ULTRA MACRO
  • LAOWA(ラオワ) フロントLEDリングライト /LAO0108
  • Kenko 接写リング20mm
現像ソフト
  • Adobe Lightroom Classic
撮影場所
都立光が丘公園

こどもの日とされる本日、都内の公園はかなりの賑わいとなっておりました。
自粛・自粛・自粛・自粛、、と言われ続ける中でしっかりと防備し節度を持って外出することはとても良いことだと思います。

また、先日ラオワのマクロレンズ用のフロントリングライトを入手し、テストを兼ねて撮影に挑みました。

今回も昆虫多めです。
「ミミズだっ〜って♪オケラだっ〜って〜♪アメンボだっ〜ってぇ〜♪」

みんなみんな生きてるので最後まで見てくださいね。

では、

イモムシの顔のアップ

イモムシの顔のアップです。ラオワレンズで確か5倍で撮影しました。暗がりだったため、かなりきついですねぇ。。

毛虫

ラオワレンズはマクロ撮影を更に難しく、それでも楽しくしてくれます。

アブの顔のドアップ

複眼のつぶつぶが見えると楽しいですよね♪

謎の泡

謎の泡がありました。
なにかの巣なのかな。

イモムシの一部分

イモムシの一部分です♪

ハナアブ科系?

ハナアブ科系?かな。
ちなみにメスです。
ちょうど交尾中でした。

ハエトリグモ

あぁ、、もっとちゃんと撮りたかった!
ラオワのリングライトを使い撮影したが、やはりフラッシュは必要ですねぇ。
フラッシュがアレば、もっと良いの撮れたのになぁ。
実はフラッシュの球が切れていて使えない状態なんです。

ナナホシテントウの幼虫

これはナナホシテントウの幼虫なのです!

コアオハナムグリ

コアオハナムグリも増えてきてますね。
ちなみに夏場にはもっとも見る甲虫の一つです。

コアオハナムグリ

花粉を食べているようですね。
美味しいのかしら。

ハエがコバエのようなものを捕食

ハエがコバエのようなものを捕食していました。

オオスナゴミムシダマシかな?

オオスナゴミムシダマシかな?
※詳細求む

ササグモ

今までササグモとワカバグモが混同していました。こやつがササグモですね。

ササグモ

ジェイソンっぽい?
13日の金曜日っぽい??

アブラムシ

ピンク色の花びらを背景とすることでアブラムシの緑色が立ちますね。

ニホンカナヘビ

こやつ、ベンチにいたのだが、近づいても逃げずに被写体としてがんばってくれました♪

ニホンカナヘビ

数年前まで爬虫類って気持ちわるいと思っていましたが、今となっては可愛いと思えるから心変わりです。

ニホンカナヘビ

こやつの鼻を雑草の先でつんつんしたりナデナデしたりしたが、一向に逃げる素振りをみせませんでした。

ニホンカナヘビ

連れ帰り、虫かごに入れて飼いたいとも思いましたが、そういうのはやめておきます。

ニホンカナヘビ

己の指が体に当たってるけど、そんな感覚ないんだろうな♪うける♪

目を閉じるニホンカナヘビ

15分ほどもじっと観察していましたところ、うとうとと眠そうに目を閉じたりしました。
なので撮影しました。
そしたら起きました。

テントウムシの幼虫

何テントウの幼虫なのだろうか♪

黄色?オレンジ色?で毛の生えたテントウムシ

この子!何テントウってんだろう?調べてもわかりませんでした。
※情報求む

黄色?オレンジ色?で毛の生えたテントウムシ

トホシテントウが群生している場所にいたので、その類なのだろうか。
でも、でも。。

トホシテントウの抜け殻

トホシテントウの抜け殻はなにか奇妙に見えますね。

ホソヒラタアブ

ホソヒラタアブの可愛さは、ディズニーにおけるドナルドくらいな感じでしょうか

まとめ 去年の夏と同じような夏になってきてる

黄色い花

昆虫達のラインナップを見ていくと、

「あぁ、今年も去年のような夏がくるのだな」

と感慨深いものを感じます。

また、今回はラオワの2〜5倍マクロレンズにリングライトを装着し撮影に挑みましたが、暗がりではやはりフラッシュライトは必須です。

「球切れしたフラッシュライトを直すか、、新しいのを購入するか。。どうするか。。」

インスタやってます♪

見ていただけましたならうれしいです(^^)

叱咤激励コメントお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました