こひにく堂書店

90℃で淹れたコーヒーが美味しくて。

ファクトタム(FACTOTUM)ジーンズに想うこと。

   

ファクトタム(FACTOTUM)って、言いづらい。。

ファクトタム(FACTOTUM)ジーンズに想うこと。

レザーラベルのかっこよさ、生地の高い質感など、手にしてすぐに購入候補になったファクトタム(FACTOTUM)ジーンズ。

詳しく調べてみるとこのブランドは有働幸司という方が設立した日本のブランドで

ファクトタム(FACTOTUM)とは
ファクトタム(FACTOTUM)は日本のファッションブランド。

ブランドコンセプトは「デニムに対する深い思いと、モードとリアルクローズを融合すること。」ファクトタムのコレクションのベースはミリタリー、ワークウェアで、それにテーラードの要素が加わっている。映画、音楽、街とその人々、本、など毎シーズンテーマを設定、ファクトタムのデザイナー有働はそのテーマ、インスピレーションを探究するためにテーマとなる国を訪れ、そこで出会った人や風景、空気からインスパイアされた服作りを行っている。過去、チベット、ネパール、アメリカなどまで足を運んだ。

ふむふむ。

自分でブランドを立ち上げるなど、大きなことをしでかす人はやはり自分の足を使って経験を積む方が多いですね(^^)

ファクトタム(FACTOTUM)ジーンズはこんな感じ

白に黒文字のレザーラベル。
かっこいいですね。。
ファクトタム(FACTOTUM)ジーンズに想うこと。

ボタンはこんな感じ。
黒いですね。
ファクトタム(FACTOTUM)ジーンズに想うこと。

そしてジッパーはこんな感じ。
みづらいですね。。
ファクトタム(FACTOTUM)ジーンズに想うこと。

セルビッジ生地ですね。
ファクトタム(FACTOTUM)ジーンズに想うこと。

反対側はこんな感じです。
ファクトタム(FACTOTUM)ジーンズに想うこと。

メイドインジャパンと書かれています。
見辛いですね。。
ファクトタム(FACTOTUM)ジーンズに想うこと。

まとめ ファクトタム(FACTOTUM)

ファクトタム(FACTOTUM)ジーンズに想うこと。

生地の質感はコーンミルズや日本製リーバイスに似た感じ。
またレザーラベルにセンスの高さを感じます。

それでも、『ファクトタム』って言いづらいと感じているのは僕だけではないはず。

今後、履き心地や色落ちなど随時更新予定です。

興味ある方はコメントお待ちしています。

 - ファッション ,