【映画評】”冷たい熱帯魚”が俺の五感を震わせるんだ。

「三木大雲住職が語る”アフリカケンネル”からの”冷たい熱帯魚”」

ここ数年、それまで全くダメだったオカルトに興味を持ち、You Tubeにて霊・怨霊・人・憎悪などなどの語りを見る中で見つけた↑こちら↑の動画。

その中で三木大雲和尚が語る”アフリカケンネル事件”。

調べてみると

『埼玉愛犬家連続殺人事件』

として説明されており、

埼玉愛犬家連続殺人事件(さいたま あいけんかれんぞくさつじんじけん)とは、1993年(平成5年)に日本の埼玉県熊谷市周辺で発生した殺人事件。マスコミ報道が先行した事件であり、被疑者の映像が連日映し出された上、完全犯罪を目論んだ残忍な結末が明らかになるなど異常性の高い事件であった。

↑このように説明されています。

ウィキペディアの埼玉愛犬家連続殺人事件のページへ

気になる方は↑こちらから検索してみてくださいね。

このような流れから見た”冷たい熱帯魚”がしっかりのめり込める映画だったので評論させていただきます。

スポンサーリンク

”冷たい熱帯魚”を見て、どうだった?

自己Q&A形式で掲載していきます(^^)

Q1.まずどうだった?
A.この表現が正しいのかはわかりませんが、のめり込めたし感情を揺さぶられました。
Q2.ストーリーはどうだった?
A.僕の場合三木大雲和尚の語りがきっかけで見た流れなので、「うーん、ちょっと違うのかな」とかは思いましたが映画としてしっかりまとまった話になっていると感じました。
Q3.役者についてどう思った?
A.みなさん良かったですねぇ。
良い役者さんってこんなに良いんですね。
Q4.この映画を見てどんな心境になった?
A.殺人とは?とか、いろいろと考えさせられました。
Q5.なにか気づいたこと、気になったことは?
A.日活映画ということもありエッチな描写や残虐・グロな描写がそこそこあるのである程度こっそり見るべきかなと思いました。
Q6.見てほしい年齢層は?
A.20代以降とかの方々にみてほしいのかなと。まあ、尖った描写が多いですからね。
まあ、わからんですけどね。
Q7.映画のピークポイントは?
A.この映画はピークポイント点在方式の映画です。
ところどころで感情が揺さぶられます。
Q8.また見たいと思うか?
A.1回見て、翌々日にすでにもう一度見てしまっています。
Q9.あなたにとって人生で何本に入る映画?
A.このジャンルの中ではベスト5に入ると思います。
Q10.最後にまとめ
A.この映画、2011年に公開ということで、現在2020年ですがもっと早く知りたかった映画の一つと思いました。
また、「家賃3部作」の第1作目として公開されたとのことで、第2作目の”恋の罪”も見たが個人的には”冷たい熱帯魚”の方が面白かったです。

”冷たい熱帯魚”の口コミ・レビュー

”冷たい熱帯魚”の口コミ・レビュー

「出だし数秒からこの映画が良いのは分かる。
言葉じゃなく映像で語る。
序盤から無意味なパイオツカイデー(と呼ぶに相応しい記号的なメス感)が主張してくる。
胸に嫌悪を抱く何かをお持ちでない限りは、
くそっこんな単純なことで、と思いながら惹かれてしまう。
初めて園子音監督の映画を観る人にとっても、「そういう映画なんだな」と察知させてくれる。」

↑トレインスポッティングの出だしのようなリズミカルな始まりって感じでしょうか。

「能天気な娯楽大作が好きな自分には気分が悪くなるだけの映画でした。」

↑実話を元にした映画ということで、事件について調べる方も多いでしょうね。
まあ、”一般的”ではないですよね。

「とにかく村田役のでんでんが凄い、劇中の被害者達と同様に、観客をグイグイ巻き込んでくれます。」

↑同感です。

「万引き常習犯なひねくれ娘が、捕まった直後に自分を突き出したオヤジにニッコリ「はい」なんて言わんだろ(笑)」

↑まあ、たしかにそうですね。
こういう要素も垣間見えますね。

「時間の無駄なので絶対に見ない方がいい

〜中略〜

人の神経を苛立たせるだけで、何の思想も意味もありません。とりあえず過激なことをやってるだけです。お前はわかってない、これは芸術だ、と無理のある主張をする人もあるかもしれませんが、そういう人はスナッフフィルムにも興奮するような方々で、過激なことをやっておけば芸術で通ると信じ込んでいる哀れな人々でもあります。」

↑なるほど、このような意見もあるのですね。
僕は内容あると思いましたけどね。

確かに内容の無い過激な作品もありますけどね。

まとめ ”冷たい熱帯魚”を見て

まとめ ”冷たい熱帯魚”を見て

この手の映画だとクチコミ評価も真っ二つに別れるのですね笑

そもそも、この主人公と言いますか社本信行(しゃもと のぶゆき)役の方が、かつてハマってしまった”これは経費で落ちません”の経理部長役の方だったということもあり楽しく見れました。
また、社本妙子役の神楽坂恵さんもとても魅力的な方ですね(^^)

園子温監督が好きならぜひ見るべき作品とおすすめできます。

プライム会員なら年会費4,900円で今紹介した映画も見放題!

今回見た”冷たい熱帯魚”はアマゾンプライムビデオで見ました。

その他お得な特典も満載!

プライム会員で受けれるサービスをまとめてみました!
↓↓↓
どうなの?Amazonプライム会員になって分かったこと。

映画や音楽が好きな人に取って心強い武器になるでしょう。

プライム会員登録はこちらから
↓↓↓
Amazonプライム

コメント

タイトルとURLをコピーしました