写真撮影 生活

【くに散歩 その4】曇り空 〜なんだろう、この懐かしさとときめきは、、なんなんだろう〜

3月28日 日中の撮影

撮影場所
前提
  • 散歩中に気になったモノ・植物・虫・生物・動物などを撮影していく
  • わからないものについては後日追記予定(コメントでお教えいただけますと幸いです。)
  • 画像編集段階でけっこういじったりしています。

桜も満開を通り越して、少々散りだしているかなといった曇り空の中での散歩。
本日の曇り空はなにかわくわくするというか、

「たまーにこういう感情にしてくれる曇り空の日ってあるよなぁ。。」

そんな、感じとなりました。

また、ここ最近あまり持ち出すことのなかった35mmF1.4を持参しての散歩ということで、木や花にスポットを当てた散歩となりました。

では、

桜を淡く

少々淡すぎでしょうか。
改めて見ると、もう葉桜なんですね。

桜を淡く

淡くするとちと薄く、逆に暗く感じるものですね。

桜を淡く

彩度なんかも少々いじっているのですが、もうちょっと抑え気味でも良いでしょうか。

桜を淡く

うーん、フリンジが、、
ある程度調整したのだが処理しきれていない感じですかね。

桜を淡く

まあ、この写真の感じなら良さげではないでしょうか。

桜を淡く

木の幹の黒さと空の白さに対して桜の花びらの色をどう写し込むかって感じでしょうかね。

桜を淡く

まあ、こういうこともやってみたくなりますよね。

桜を淡く

まあまあ、春って感じではないでしょうか。

桜を淡く

覗き込む的な感じです。
ただ、これが、どこに焦点を持ってくるべきか迷いました。
改めて、真ん中に焦点がきたほう良さげですかね。

桜を淡く

”コロナ禍の記憶”って感じですかね。

桜を淡く

今日の曇空が、なぜかすごい良かった。

暗と桜を

うーん。
この構図の場合桜にピントがきてなくてはいけませんよね。
狙ってはいるのですが、これff1.4としているため、ピント面がソフトになっているようです。
うーん。。

木と空を

”空と木”的な

木を

編集の段階で多少いじっていますが、このレンズだとこういう描写がはかどります。
画角とかそういう問題じゃなくて、まさに画質が合う感じしています。

木についた苔を

ちょい絞ってもっとシャープに撮影しても良かったです。
これもf1.4とのことでピント面がソフトですね。

木についた苔を

こういう写真撮りたくなるじゃないですか。
だって散歩中だもの。

緑色のもみじを

もみじの美しさを!!

桜を

これはなんて花なんだろう♪

まとめ 曇り空の中での散歩は、捗る♪

濡れた落ち葉を

本日は久しぶりに35mmレンズを持ち出したということで、、ダメですね。。

改めて僕がやりたいことをやるならf2.8〜4程度を中心として攻めたいところ。
でもf1.4のレンズだとどうしても開放を求めちゃいます。。

気持ちわかりますよね?

インスタやってます♪

見ていただけましたならうれしいです(^^)

叱咤激励コメントお待ちしております。

今回の撮影で使ったモノたち

使用機材
現像ソフト
  • Adobe Lightroom Classic

-写真撮影, 生活
-, ,

© 2021 こひにく堂書店 Powered by AFFINGER5