【経年変化を見守る その2】旧型のサムソナイトのビジネスバッグ・ブリーフケースをパシャリする♪

【経年変化を見守る その2】旧型のサムソナイトのビジネスバッグ・ブリーフケースをパシャリする♪

「この古臭い感じが、俺のノスタルジーを刺激するんだわ♪」

ふと立ち寄ったモードオフ(衣料品系リサイクルショップ)で購入した本商品。

詳細についてウィキペディアを見ていくと

サムソナイト(Samsonite)は、アメリカ発祥の、スーツケースおよびバッグ類のブランドであり、その商品を製造・販売する会社。日本では、「サムソナイト・ジャパン」が販売している。

アメリカ発祥なんですねぇ。

それでも僕が購入した物は、

1964年頃 – 「エース」とライセンス契約を締結して、日本でのサムソナイト商品はエース社によって販売される。

〜中略〜

2004年 – エース社との日本国内におけるライセンス契約を解除。日本製サムソナイト・スーツケースの製造終了。

↑この経緯の中で製造されたもののようです。
デザインから言って1990年代とかの物でしょうか?
調べてもなかなか詳細が出てこないものです。

それでもリサイクルショップにて見かけて手にとってみて、

「おぉぉぉ、、新品同様とまではいかないが、まだまだ全然使えるし、なんかすごいいい!!!!!」

ということで購入し、これからガシガシ使っていくことと思うので”今”の姿を晒していきます。

スポンサーリンク

このバッグ、多分普通に10年は使えると思うから、今の姿を晒すよ!

リサイクルショップで買ったサムソナイトの旧ビジネスバッグ・ブリーフケースの姿を晒す

↑商品説明にもあったのですが、このバッグのすごいところは”革と合皮”を使い分けている点にあったりします。
本当は全面革だと良いのでしょうけど、コストがかかって商品自体も高額になってしまいますからね。
適材適所で合皮を使っている点は理にかなっていると思います。
それでも、合皮って崩れるように壊れますから、その辺のバランスをうまーくとっているのが本商品の特徴といえるのではないでしょうか。

リサイクルショップで買ったサムソナイトの旧ビジネスバッグ・ブリーフケースの姿を晒す

↑持ち手の”手”が触れる部分にはしっかりと”革”が使われています。
正直、この点とある程度きれいってことが本商品購入を後押ししてくれました。

リサイクルショップで買ったサムソナイトの旧ビジネスバッグ・ブリーフケースの姿を晒す

↑広い面などは合皮ですね。
また、金属の部分も真鍮なのかな?いい感じです。

リサイクルショップで買ったサムソナイトの旧ビジネスバッグ・ブリーフケースの姿を晒す

↑生地もいい感じです。
日本の良いものづくり感を感じます。

リサイクルショップで買ったサムソナイトの旧ビジネスバッグ・ブリーフケースの姿を晒す

↑ここは革ですね♪

リサイクルショップで買ったサムソナイトの旧ビジネスバッグ・ブリーフケースの姿を晒す

↑金属と触れる部分は合皮ですね。

リサイクルショップで買ったサムソナイトの旧ビジネスバッグ・ブリーフケースの姿を晒す

↑サムソナイトってなんかいいですね♪

リサイクルショップで買ったサムソナイトの旧ビジネスバッグ・ブリーフケースの姿を晒す

↑わぁお♪

リサイクルショップで買ったサムソナイトの旧ビジネスバッグ・ブリーフケースの姿を晒す

↑ワァオ♪

リサイクルショップで買ったサムソナイトの旧ビジネスバッグ・ブリーフケースの姿を晒す

↑裏面を♪

リサイクルショップで買ったサムソナイトの旧ビジネスバッグ・ブリーフケースの姿を晒す

↑ファスナーを♪

まとめ サムソナイトの旧ビジネスバッグ・ブリーフケースって、なにか良い

リサイクルショップで買ったサムソナイトの旧ビジネスバッグ・ブリーフケースの姿を晒す

ここ最近、外に出かける度に近所のモードオフに立ち寄るのだが、そこで見つけて一目惚れでついつい購入してしまったこちらのサムソナイト製の旧型ビジネスバッグ。

そもそも、古本屋をはじめ、古着屋やリサイクルショップが好きなのだが、その理由を改めて考えると

  • たまーにすごくいいものが安く売ってたりする
  • 販売店毎の取り扱いメーカー縛りのようなものがないので多種多様な商品に出会える
  • こんなの絶対に売れないでしょ!?ゴミでしょ!?って商品を見つけた時にちょっと笑える
  • 古着屋さん内を物色しているお客さんをみながら、「この人はこういう商品を選ぶのかな」などと予想しながら買い物かごを覗くのが面白い
  • 常に1人か2人、「この人センスいいなぁ。。」と思える人を見かける

と、まあ、良い品を安く買えるのが一番の利点ではありますが、別に買うつもりがなくてもついつい立ち寄ってしまう魅力にあふれているように感じています。

と、そんな中で見つけ、価格も手頃だったため衝動的に購入してしまいましたが、改めて、「この時代のデザインというのは色があっていいなぁ〜。」などと感じました。

叱咤激励コメントなどお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました